BLOG

内定時の平均年収データ(37キャリア版)

こんにちは。佐々木です。

 

 

今回は、内定時の平均年収データをテーマにしたいと思います。

 

 

参照するデータは、さんななキャリアが過去3年間でサポートした求職者様の入社時の内定年収を元に算出しております。

 

 

よって、もちろん遊技機開発業界に限定されるデータです。

 

 

弊社では、独自基準で43職種に分けておりますが、今回のテーマでは非常に細かすぎるため、20職種ほどのカテゴリに分け、テーマ毎にランキング形式で公開したいと思います。

 

 

また、職種によっては母数があまり多くないこともあるため、バラツキ具合を示す標準偏差を出しております。

 

 

それではどうぞ。

 

 

■内定時平均年収が高いトップ3()内は標準偏差
1位 サブプログラマ 556万円(76万円)
2位 プロダクトデザイナー 539万円(81万円)
3位 メインプログラマ 515万円(35万円)

 

 

■内定時平均年収が低いトップ3()内は標準偏差
1位 制作進行管理・開発管理 376万円(52万円)
2位 CGデザイナー・映像制作 377万円(76万円)
3位 映像企画・ディレクター 386万円(132万円)

 

 

■標準偏差(バラツキ)が大きいトップ3
1位 映像企画・ディレクター 132万円
2位 生産管理・品質管理 108万円
3位 演出企画・ゲーム企画 102万円

 

 

■標準偏差(バラツキ)が小さいトップ3
1位 出玉企画・出玉設計 25万円
2位 購買 34万円
3位 メインプログラマ 35万円

 

 

ます、注目すべきは、映像企画・ディレクターでしょうか。平均年収があまり高くないものの、バラツキが大きく、経験や実績、スキルによって評価が大きく変わってくることが読み取れます。

 

 

一方で、出玉企画・設計は安定感があるようです。メインプログラマもバラツキが少ないことを考慮すると、遊技機の心臓部に当たる職種は安定感があるのでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

母数によって数字も変化があると思いますので、一定期間経過後にまた公開してみたいと思います。

 

 

では。

 

 

 

 

株式会社さんななキャリア

佐々木

 

 

ブログ一覧へ