BLOG

3期目総決算ブログ「1期目〜2期目編」

さんななキャリアの佐々木です。

 

 

このシリーズは総決算ブログと称しまして、創業から3期目が終わるまでの3年間の舞台裏をお見せする趣旨となっております。

 

 

前回の「創業準備編」はこちら。

 

3期目総決算ブログ「創業準備編」

 

今回は1期目と2期目編です。

 

 

空前の遊技機不況ではじまった1期目

 

2017年7月7日に法人登記が完了し、すぐに有料職業紹介事業許可の申請を労働局へ提出しました。

 

 

有料職業紹介事業許可は申請後から順調にいって2ヶ月~3ヶ月です。弊社は10月1日に許可がおりました。当然のことながら、この申請期間中は人材紹介業務の営業をしてはいけません。

 

 

そこで、前職の社長からの計らいで、許可取得完了まで前職に籍を置いて営業することの了承を得ておりました。

 

 

よって10月までは変わらず前職の人間として活動を継続しておりました。おかげで許可申請中の無収入期間を回避することができました。理解のある社長で本当に良かったです。

 

 

ちなみに前職は人材業界の転職支援や採用支援に強みがある会社です。人材紹介会社の立ち上げに興味がある方はぜひ相談してみてください。

 

 

株式会社インプレッション

https://www.impr.co.jp/

 

 

今から振り返ってみても、この3ヶ月は非常に貴重な期間となりました。なぜかというと、この後に訪れる「遊技機不況」に見舞われてしまったからです。

 

 

皆様もご存知の通り、2017年の年末年始は大規模な規則改正で遊技機業界が大きな転換期を迎えた時期でした。

 

 

求職者様は変わらずご相談にいらっしゃるものの求人がない。

 

 

普段ならば内定になるはずの方が書類選考で見送られてしまう。

 

 

ご内定になったとしても、業界の先行き不安で別業界の進路をご選択される。

 

 

ちょうど同時期に、採用企業様向けの交流会を主催しましたが、経営者・人事の皆様も口を揃えて「今はしんどい時だね」とおっしゃっていました。

 

 

弊社は資本金500万で創業しましたが、見る見るうちに目減りしていき、これはやばいかもな、、、、と感じていた年明けに状況が一変します。

 

 

2月に内規が発表されると同時に、それまで止まっていた採用活動が再稼働するというご連絡が連日のように届きます。

 

 

そこから夏ぐらいまで、ずっと求人受付のご連絡が続きました。文字通り毎日だったので、忙しく求人を作成していた記憶があります。

 

 

そして、実績が出始めたのは4月ぐらいからでした。創業から既に9ヶ月経過していた頃です。もう1期目の決算が目前に迫ってきた時期でした。

 

 

はじめての1期目決算、そして2期目のスタート

 

求人が回復し遊技機業界の採用市場が再び活発となった2018年夏、はじめて決算を経験しました。

 

 

業績は………お会いした際にでもお尋ねください。お話しできる範囲でお話しします。

 

 

1期目は消費税の納税もありませんので、法人税を納税して終わりです。私は過去に個人事業主向けの記帳代行・確定申告代行の仕事をしていたため、決算手続きの流れはイメージができていました。

 

 

税理士事務所でもスムーズに手続きを完了して頂き、法人税を納税して終了。あくまで手続きは手続きですので、気持ちとしては既に2期目の運営に意識を傾けていた2018年8月でした。

 

 

ちょうどその頃は、HPの準備も整い、会社パンフレットの制作などの足回りも固めました。ちなみに弊社のパンフレットは、遊技機の販促に強い企業様にご依頼しました。よって、紙質にもこだわって頂き、とても良い仕上がりになったと思います。

 

 

また、同時期に辰巳出版さんのパチスロ必勝本「回胴仕事人」コーナーで取り上げて頂きました。

 

 

はじめてです、雑誌に載るなんて。あまりにも慣れていないので今でも信じられません。

 

 

こういったプロモーション的な活動は2018年内ではこのぐらいです。あとは、とにかく採用企業様からの人材紹介依頼に集中しました。

 

 

求人のご依頼があるということは、開発案件があるということですからね。開発案件があるということは、市場に新機種がどんどんリリースされるということです。

 

 

その開発はヒトが遂行しますから、このタイミングでの人材供給は超重要です。1社でも多くの企業様が開発に成功できるよう邁進しました。

 

 

書類選考通過率50%突破を実現

 

そうしているうちに2019年を迎えます。弊社では2期目の下半期となります。

 

 

やや求職者様の流れも落ち着きを見せてきた頃かと思いきや、新たな取り組みを始めたことによって、ご登録の求職者様が急増したのです。

 

 

さらには同時にマッチング精度も高めていったので、書類選考通過率が50%を突破します。この仕事で、そんな数字を目の当たりにしたのははじめてではないでしょうか。

 

 

よって、面接調整案件が激増し、1日が面接関連の進捗業務で終わるという日も。

 

 

2期目の下半期はとにかく面接ラッシュという印象しかありません。

 

 

あまりにも面接調整業務が多すぎるので、コア業務にもっと集中するためにも、ノンコア業務はもっと効率化しようという意識が芽生えはじめた2期目の終わりでした。

 

 

2期目の業績はというと…….しっかりと国に貢献(納税)することができたのではないでしょうか。同時に赤十字を通じた西日本豪雨災害の寄付等も行うこともできました。

 

 

3期目への課題を残しつつも、地に足をつけた活動ができた2期目となったのでした。

 

 

 

 

これにて1期目〜2期目編を終わります。次回は「第3期編」です。

 

 

 

ブログ一覧へ